家庭用から業務用まで中華料理の素、ソース、食用酢などの液体調味料なら木戸食品

トップページ > 会社概要 > 企業理念・沿革


企業理念・沿革

企業理念

安全で安心な食品の提供、手軽に本格的な味の提供、ライフスタイルや食生活の変化に即応した製品の提供

沿革

昭和21年8月 【創業】
木戸幸太郎、木戸廣治、木戸千代司 3兄弟で木戸商店を明石市船上町に設立
食酢、ソース 製造開始
昭和26年 【法人組織化と事業所移転】
木戸食品合資会社として法人登記。同時に事業所を、現在の西新町に移転
昭和35年 トマトピューレ 製造開始
昭和36年 コンクジュース 製造開始
昭和37年 氷蜜、ガムシロップ 製造開始
昭和40年 【瓶詰および貯蔵工場の新築】
昭和48年 中華料理の素 製造開始
昭和56年 NO.1ステーキソース 製造開始
昭和58年 ラーメンスープ、アップルビネガー(健康飲料)製造開始
昭和60年 【製造工場改築、研究室、会議室を設置】
昭和62年 回鍋肉の素、和風ステーキソース 製造開始
昭和63年 炒め物の素 製造開始
平成元年 各種ソース小袋 製造開始
平成3年 業務用中華調味料 各種 製造開始
平成5年 【製造・瓶詰工場新設・原料貯蔵庫設置】
平成9年 パスタベース 製造開始
平成10年 はちみつ・アセロラ入り 合わせ酢 製造開始
平成11年 から揚げの素 製造開始
平成12年 XO醤入り 中華風焼そばの素 製造開始
平成13年 ゴーヤチャンプルの素 製造開始
平成13年 日本生活協同組合連合会PB商品 中華料理の素 300ml 製造開始
平成14年 万能和風だし 製造開始
平成15年 シンガポール向け出荷開始
平成16年 【充填ラインの新設】
平成17年 台湾向け出荷開始 
平成22年 木戸食品株式会社に社名を変更 
現在 今日に到り、350以上の製品(食酢、ソース、各種調味料)の製造販売に事業を拡大

ページトップへ